真夏にピッタリ・・・?大人も結末にゾッとするコワい怪談絵本をご紹介!

真夏にピッタリ・・・?大人も結末にゾッとするコワい怪談絵本をご紹介!

どうもっ(^^♪

本日は、先日に引き続き、絵本のご紹介をします🎵✨

ただ本日ご紹介する絵本は、決して「子供向け」とはいえないような

コワ~い絵本ですよ👻👻👻

学校の図書室とかにもよく置いてありましたよね。。。こういうの。。。

ワタシも「学校の怪談シリーズ」はよく好んで読んでおりました(笑)

そういえば先日、NHKで「怖い絵本」という番組がやっていまして

興味本位でみてしまいましたョ😅(笑)

子供向け絵本(のハズ)の内容にするようなことか?と思うぐらい

ただただ内容も絵も不気味でおどろおどろしい絵本を紹介しているみたいです。

まぁ見た感想は・・・

子供がこれ見たら、絶対トラウマになるだろ(;^ω^)

※※ お子様に読み聞かせする場合は自己判断でお願いします! ※※

だいたい1本10分程度で終わりますのでご興味がある方は

是非、地上波でご覧ください!(笑)

怖い絵本 – NHK

というワケで、実際に番組内でも使用されていた絵本も

ご紹介いたしますっ(‘ω’)ノ✨

コワいの平気な方はスクロールどうぞ!!!!

いるのいないの

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いるのいないの (怪談えほん) [ 京極夏彦 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/8/24時点)

楽天で購入

内容紹介

おばあさんの住む、とても古い家で、ぼくはしばらく暮らすことになった。その家の上の方はとても暗い。暗がりに、だれかがいるような気がしてならない。気になって気になってしかたない。

みどころ

人気小説家が描く、怪談えほんシリーズ!古い日本家屋にひそむ恐怖……おばあちゃんの家は、とても天井が高い。大人が台にのっても、はしごにのぼっても、届かないくらい高い。「うえのほうは くらいねえ」「でも ほら したのほうは あかるいよ」下の方が明るいなら、まあ、いいか。でも、やっぱり、気になる。「なにかひそんでいるんじゃないか?」なんて、目を凝らしながら読み進めていくと……背筋が、ひやり。「みなければ こわくないよ。みなければ いないのと おんなじだ」おばあちゃんはそう言うけれど、それじゃあもしも、見てしまったら?わかっているのに目を凝らし、わかっているのに探してしまう。この絵本の暗がりからは、ああ、どうしても目が逸らせない

参考レビュー👧👦💬

・子供がテレビの特集でこの本の紹介を見て、欲しい、欲しいとテンションが上がりまくってたので、購入してみました。最後にぞくっとくる感じです。
子供が何回も読んで、読んでとせがんでくる一冊です。

・絵本として怖いです。大人の絵本ですね。寝るときは思い出さないようにします。

・私が欲しかったのと、子供にも見せようと購入しました。怖がりながら見ています。声色を変えて読むと見入っています。

\ 詳細はコチラから /
いるのいないの (怪談えほん) [ 京極夏彦 ]

おろしてください

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おろしてください (怪談えほん) [ 有栖川 有栖 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/8/24時点)

楽天で購入

内容紹介

有栖川有栖と市川友章が描く 悪夢の列車へようこそ

裏山を探検していたぼくは、
道にまよって、歩きまわるうちに、
ちいさな駅をみつけた。
そこへやってきた列車に
乗りんこんだぼくの目に
飛びこんできたものは……。

みどころ

迷子になった男の子は知らない名前の無人駅をみつけた。
とりあえず電車に乗って戻ろう!車内の乗客の顔を見たら・・・みんなおかしい。
どうやら人間が乗る電車じゃないみたい。

・・・

「元の世界に戻れる最後のチャンス」そう言われたから
反対の列車に端走って乗り込んだ。

・・・
よかった。これで帰れるね。
安心だ・・・

あれ・・・そういえば、切符がないぞ・・・

参考レビュー👧👦💬

・お化けの絵が怖いけど面白くて、ちょっと怖がりの子でも楽しめるんじゃないかなと思います。お話も子供が想像しやすい設定だし、もしこんな目にあったらどうしよう?!と読んだ後思ってしまうかもしれませんが、それが楽しいですね!最後子供の目が釘付けになる結末なので、親も読み聞かせてて楽しいです。

・絵が不気味で私好みで良かったです。子供でなくても楽しめました。

\ 詳細はコチラから /
おろしてください (怪談えほん) [ 有栖川 有栖 ]

くうきにんげん

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くうきにんげん (怪談えほん) [ 綾辻行人 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/8/25時点)

楽天で購入

内容紹介

このほんをよんでいるいまも、きみのそばにいるかもしれない。綾辻行人と牧野千穂が、見えない魔物を描きだす。

みどころ

「くうきにんげん をしってるかい?」誰も気づいていないけれど、くうきにんげんは世界中にたくさんいる、らしい。目には見えなくて、形も自由自在。だから、どんなに戸締りした家だって、かぎのかかった部屋の中にだって……。「ほら、きみの そばにも」そこにいるのか、いないのか。なんだかわからない。澄んだ青空に飛んでいく、黄色い風船。とても美しい風景は「知ってしまった」子にはどんな風に見えているのだろう。存在を知っているからこそ、広がっていく世界がある。知っているのか、知らないのがいいのか。良質な本物の怪談の世界、触れてみても損はないかもしれませんよ。

参考レビュー👧👦💬

・こんなにゾワゾワした絵本は初めてです!
こわいものが少しでも苦手なお子さんには、読まない方がいいかもしれません。トラウマになってしまうかも…。
文章とイラスト、どちらもインパクトがとても強いので、
本を閉じた後も、心の中に残ります。
大人のための絵本だと思います。

・大人が読むと不思議な世界観で少し不気味な感じでした。
子供達はとても怖がり、「ここは透明人間いない?」と事あるごとに怖がるようになってしまい、ちょっと早かったかなぁと思いました。
よかった点と言えば、お風呂に肩まで浸からないと透明人間が来ちゃうかも…と言うと素直に聞いてくれることですかね(笑)

\ 詳細はコチラから /

くうきにんげん (怪談えほん) [ 綾辻行人 ]

いかがでしたか?

大人でも思わず本をサッと閉じてしまいたくなるような

場面も多々ございますが、真夏にひんやりとした気分を味わいたいという方に

ピッタリかもしれませんョ(^^♪(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする